uranaityui
自分の好きなときに好きな場所で鑑定を受けられる電話占いは、とても手軽で人気があります。しかし、高額請求や個人情報の流出、悪質な占い師など、予想していなかったトラブルに見舞われることも。電話占い口コミを利用するにあたって、特に注意しておきたい点を見ていきましょう。

鑑定料以外に追加でお金がかかるどうか

電話占いの支払い方法には、前払いと後払いの2つがあります。前払いの場合は、会員登録をして先にポイントを購入する必要があります。このとき、まとめて買うと安くなるからといって大量にポイントを買ってしまうと、占い師との相性が合わなかった場合、返金してはもらえません。こんなことにならないように、できれば前払い制ではなく、後払い制のサイトを選びましょう。

また、鑑定料が1分あたり200円と謳われていても、実際に占っている途中で祈祷などが必要だった場合、別途祈祷料として高額請求される場合があります。多くの電話占いサイトでは金額が明示されていますが、不安な場合は事前に必ずサポートセンターや占い師に、鑑定料とは別に祈祷などのお金がかかるかどうかを確認しましょう。

通話料がかかるかどうか

電話占いで鑑定料と同じくらい気になるのが、通話料です。今はフリーダイヤルで占いを行うところが多いので、その場合はお金がかかりません。しかし、中には問い合わせのときだけフリーダイヤルでつなぎ、占いに入るとコレクトコールや転送電話に切り替えるところがあります。

コレクトコールや転送電話になると、鑑定料の他に別途「ダイヤル使用料」や「転送手数料」がかかり、高額な料金を支払うことになります。占いが始まったときにコレクトコールや転送電話だということがわかったら、すぐに回線を切りましょう。請求明細に「電話回線使用料」や「接続手数料」という名目で、料金を上乗せするような業者は、悪徳業者の可能性があります。

メールアドレスの入力が強制かどうか

会員登録のときは、名前や生年月日などの個人情報を入力する必要がありますが、メールアドレスの登録が強制になっている場合は注意が必要です。電話で占いを行うのに、メールアドレスは不要です。これは、業者が出会い系サイトや架空請求などのスパムメールを送るために、収集している可能性があります。

会員登録時にメールアドレスを入力しないのが一番の対処法ですが、入力しないと次の画面へ進めないような仕様になっていたら、フリーメールのアドレスを入れておきましょう。メールアドレスも立派な個人情報なので、取り扱いには注意が必要です。

悪質な占い師は公的機関へ相談を

占い師の中には、自分が聞きたいことには答えてくれず、カウンセリングと称して必要以上に話を引き伸ばし、鑑定料を釣り上げようとする悪質な人もいます。ただでさえ心が迷っている状態で占い師を頼っているのに、その弱みにつけこむようなことをする占い師がいるのも事実です。

もしそのような占い師がいたら、鑑定の途中で「もう終わりにしてください」とハッキリ意思表示をすることが大事です。占いが終わったあと、その占い師が所属している電話占いサイトのサポートセンターに相談しましょう。もし断れず、サポートセンターでもきちんとした対応をされなかったら、消費者生活センターや弁護士に相談するという方法もあります。

電話占いを利用する上での注意点としては、鑑定料の他に有料メニューが用意されていていないか、通話料が加算されないかなどを確認するとともに、会員登録の際メインで使用しているメールアドレスを入力しないこと、などがあります。長い雑談で鑑定時間を伸ばし、不正に高い金額を取ろうとするような占い師には、毅然とした態度で臨みましょう。サポートセンターがないような業者の場合は、消費者生活センターや弁護士など、公的な機関へ相談してください。